Part.1【天才科学者はこう考える】〜読むだけで頭がよくなる151の視点〜ジョン・ブロックマン

f:id:paychannnel:20200424195451j:image

 

今回からは新しい本に取り組んでいきます

7000ページ以上の超大作なので、

また数回に分けたいとおもいます

 

人類はこれから急激に進化する

     ー宇宙物理学者が予測する未来

          マーティン・リース

未来の進化は、自然選択によって百万年単位の時間をかけて起きる進化だけではない

遺伝子操作や人工知能などの発達を考えると、進化はさらに急激な勢いで起きる可能性が高い

 

この広い宇宙のなかで人類だけが特別な理由

      ー地球外生命体が可能性

           マルセロ・グライサー

宇宙のどこにでも、地球と同じように生物がいる、特に地球のような複雑な生き物がいる、と考えるのはなかなか無理がある

なぜなら、地球は生命体が存在するのに適した特別な惑星だから

 

人類も地球もすべては偶然の産物

            ー凡庸性の原理

           P・Z・マイヤーズ

凡庸性の原理

あなたは特別ではないという原理

この世界に起きる出来事のほとんどは、普遍の自然法則に従った結果である

 

自分にとって特別なものは、宇宙にとっても特別なはずだという思い込みは科学の妨げになる

この宇宙には悪意も善意もなく、すべてはただ同じ普遍の法則に従っているだけ

 

宇宙に意思はあるのか

     ー世界が今こうなっている理由

                                    ショーン・キャロル

あらゆることは単に自然の法則に従っているだけで、何か理由や目的があって起きているわけではない

しかし、人生に目的や意味がないという意味ではなく、人生の意味や目的は私たちが自分で作り出すもの

 

地球はどこにでも存在し得る

          ーコペルニクス原理

                         サミュエル・アーベスマン

地球は宇宙の中心ではなく、また宇宙にはほかと違う特別な場所など全く存在しない(コペルニクス原理)

私たちが今、生きている時代は、宇宙の歴史の中で何ら特別な時代でない

 

地球に似た惑星は数十万もある

          ー地球外生命の存在

        J・クレイグ・ヴァンター

ディミター・サセロフは、私たちの太陽系の外に「スーパーアース」と呼ばれる巨大な惑星も含め、地球に似た大量の水を有する惑星を多数発見した

宇宙はまだ若いので、どこかに微生物が見つかったとしたら、将来そこに知的生物が誕生する可能性も十分にある

 

私たちは微生物に生かされている

         ー世界を動かす微生物

                             スチュアート・ブランド

ジェームズ・ラブロックは、地球の大気をひとつの生命体のようなものと考え(ガイヤ仮説)、このような大気を作った気体は果たしてどこから来たのかを突き止めようとした

それは微生物の力によるものであり、私たちの身体が機能するのも微生物のおかげという結論に達した

 

なぜアメリカ人の半分は幽霊を信じているのか

      ー二重盲検対象実験のすすめ

                             リチャード・ドーキンス

アメリカ人の約半分は幽霊を信じているという

そして4分の3は天使を、3分の1は占星術を、4分の3は地獄を信じているらしい

 

二重盲検対照実験の特長

①科学的研究の有効な手段となる

②教育的な価値がある

 

⬛︎そもそも二重盲検対照実験とは?

二重盲検法

特に医学の試験・研究で、実施している薬や治療法を医師からも患者からも不明にして行う方法

プラセボ効果や観察者バイアスの影響を防ぐ意味がある

 

対照実験

科学研究において、結果を検証するための比較対象を設定した実験

 

資金力が豊富な「反科学陣営」とどう戦うか

          ー科学的思考の教育

         マックス・テグマーク

国民の誰もが合理的な判断に基づいてモノを買い、投票をすれば、企業や政府も科学的思考に基づいて意思決定をする様になるだろう

 

科学的な生活において最も重要なのは、自分の考えと矛盾する情報に出会った時、その情報に基づき、自分の考えを更新すること

 

 

正しい判断を下すための実験的思考

     ー今の科学教育に足りないもの

          ロジャー・シャンク

日常な中で実験は常に行われている

しかし、ほとんどの人は実生活のなかに実験があるということを認識していない

 

正しい実験をするために

①適切な証拠を十分に集め、それをもとに推論する

②繰り返し実験するときには常に条件が同一になるよう気をつける

 

重要なこと

実験で得られた結果について正しい考察をすること